コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イノコズチ

百科事典マイペディアの解説

イノコズチ

フシダカとも。ヒユ科の多年草。本州〜九州の平地にはえる。茎は四角形で直立し,枝分れして高さ80cm内外,楕円形の葉を対生する。8〜9月,茎の先や葉腋から長さ10〜20cmの穂状花序をのばし緑色の小さな花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イノコズチ【Achyranthes japonica (Miq.) Nakai】

果実は衣類によくつくのでドロボウグサなどと俗称されることがある,ヒユ科の多年草(イラスト)。本種は低山地の木陰に生えるが,近縁のヒナタイノコズチA.fauriei Lév.et Van.は路傍や荒地に多く,通常,人目にとまるのはこの種である。茎は高さ40~90cm,四稜形で節はややふくらむ。葉は楕円形で毛がある。花は8~9月に咲き,開花後下を向いて花序の軸に圧し,特徴のある果穂をつくる。花被片は5枚でかたい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イノコズチ
いのこずち / 牛膝
[学]Achyranthes bidentata Bl. var. japonica Miq.

ヒユ科の多年草。林縁や山野の木陰に生え、ヒカゲイノコズチともいう。全草無毛で根茎は肥厚しない。茎は高さ0.5~1メートル、対生する分枝を出し、四角で節が膨れる。葉は対生して有柄、長楕円(ちょうだえん)形で質は薄く、長さ10~20センチメートル、幅4~10センチメートル。花は淡緑色で無柄、8~9月に枝先または葉腋(ようえき)から出た細長い花軸の先に穂状につく。小包葉は2枚で針状にとがり、基部に長さ約6ミリメートルの丸い膜状付属体をもつ。花被(かひ)は5枚で長さ4~5ミリメートル、緑色でやや乾膜質、線状披針(ひしん)形で先は鋭くとがる。雄しべは5本で基部は合着し、雌しべは1本。胞果は宿存性の花被に包まれ、同形の1種子が入り、果期には果軸を離れ衣服などにつきやすい。本州、四国、九州に分布。名は、茎の膨れた節をイノシシの脚(あし)の膝頭(ひざがしら)に見立てたものといわれる。海岸型で無毛の変種にハチジョウイノコズチがある。[小林純子]
 本種およびヤナギイノコズチA. longifolia Makinoの根を漢方では牛膝(ごしつ)といい、浄血、消腫(しょうしゅ)、強壮剤として月経困難、血尿、腫(は)れ物、打ち身、足腰の痛み、四肢麻痺(まひ)の治療に用いる。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イノコズチの関連キーワードシロサビキン(白銹菌)ヒナタノイノコズチハエドクソウえのこずち以奈岐久佐テランセラフシダカ無限花序藪泥棒取付虫盗人草稲木草節高藪蝨駒膝飛付牛膝

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android