コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛膝 イノコズチ

7件 の用語解説(牛膝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いのこずち〔ゐのこづち〕【牛膝】

ヒユ科の多年草。草地などに生え、高さ約90センチ。対生する枝を出し、節が太い。葉は楕円形。夏から秋、緑色の小花を穂状につける。実にはとげがあり、衣服や動物の体について散らばる。乾燥した根を漢方で牛膝(ごしつ)といい、利尿剤にする。ふしだか。こまのひざ。 秋》

えのこ‐ずち〔ゑのこづち〕【牛膝】

イノコズチの別名。

ご‐しつ【膝】

イノコズチの漢名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ごしつ【牛膝】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ヒユ科ヒナタイノコズチの根を乾燥したもの。サポニンや粘液質などを含み、血行促進、強壮利尿などの作用がある。排尿困難頻尿(ひんにょう)に効く牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)腰痛神経痛筋肉痛に効く疎経活血湯(そけいかっけつとう)関節リウマチ慢性関節炎に効く大防風湯(だいぼうふうとう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いのこずち【牛膝】

ヒユ科の多年草。山野・路傍に自生し、高さ90センチメートルに達する。葉は楕円形で対生し、短毛が密生する。夏、葉腋と茎頂に淡緑色の小花を穂状花序につける。果実は苞ほうにとげがあって動物体や衣服によく付着し、他の地へ運ばれる。近縁種のヒナタイノコズチの根を乾燥したものとともに生薬名を牛膝ごしつといい、漢方で利尿・強精・通経薬とする。フシダカ。コマノヒザ。 [季] 秋。

ごしつ【牛膝】

イノコズチの漢名。また、イノコズチとその近縁種ヒナタイノコズチの根を乾燥させた生薬。利尿・強精・通経薬とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛膝
ごしつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の牛膝の言及

【イノコズチ】より

…日本,中国にみられ,近縁種は東アジアに広く分布する。肥大した根を干したものが漢方の牛膝(ごしつ)で,サポニン状の物質を含み,利尿,強精,通経の効があるとされる。若芽や種子は食用に供される。…

※「牛膝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牛膝の関連キーワード阿膠遠志十薬川骨当薬柿蔕前胡蘇木大腹皮良姜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛膝の関連情報