コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ズフル Ibn Zuhr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ズフル
Ibn Zuhr

[生]1090頃.セビリア
[没]1162. セビリア
アラブ系の医師。ラテン名アベンゾア Avenzoar,または Abumeron。中世イスラム圏の優れた思想家でもあるが,医学上の空理空論は好まず,事実と実践を重んじた。ムワッヒド朝の初代アブドゥル・ムウミンの侍医を務め,大臣として長年仕えた。医学関係の著書のうち3点が現存する。なかでも『治療と養生提要』 al-Taysīrfi al-mudāwat wa al-tadbirは有名で,そこには心膜炎,縦隔膿瘍,気管切開術,白内障手術,腎結石摘出術などについて述べている。彼の医学書はヘブライ語とラテン語に訳され,ヨーロッパに多大な影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・ズフル
いぶんずふる
Ab Marwn ‘Abd al-Malik Ibn Abi'-l-‘Al' Zuhr
(1113?―1162)

イスラムの医家、思想家。ラテン名をアベンゾアールAvensoarという。セビーリャの出身。祖父、父ともに医家で、とくに父は見識が高く、当時広く聖典視されていたイブン・シーナーの『医学典範』の価値を認めず、その書冊の紙片を反故(ほご)同然に扱ったと伝えられる。イブン・ズフルは臨床医としての勉学に努め、名声を博するに至った。臨床経験をなによりも重要と考え、自らの判断に基づき独自の医説をたてた。その根拠とするところはガレノスの所説であるが、ときとしてそれに反対意見を表明している。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イブン・ズフルの関連キーワードジヤール朝賀茂神社耕織図平基盛アルフォンソ2世[アラゴン王]雲仙岳災害対策基金聖護院秦檜藤原顕輔アサッシン

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android