コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気管切開術 きかんせっかいじゅつtracheotomy

翻訳|tracheotomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気管切開術
きかんせっかいじゅつ
tracheotomy

気管を頸部で切開して気道バイパスをつくる手術。上気管切開と下気管切開とがある。前者はおもに成人,後者は小児に実施されることが多い。重篤な呼吸困難の際の救急対策のほか,下気道や肺からの分泌物が喀出されにくいとき,意識障害が長く続いているときなどに気管内挿管に続いて行われることが多い。また,咽頭喉頭,鼻腔の大手術に際して,予備的に行われる場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きかんせっかいじゅつ【気管切開術 tracheotomy】

前頸部を切開し,気管の前壁に穴をあけて,気道を確保する手術。あけた穴は気管口(気管切開口)とよばれ,そこからカニューレという管を入れて,気管口が閉じないようにしておく。気道の狭窄による呼吸困難をはじめ,下気道疾患,麻痺性の呼吸障害などのときや,さらには大手術の際の気道の確保のためなどに行われる。最初の気管切開がいつ行われたかは明らかではないが,アレクサンドロス大王が剣を用いて行ったという言い伝えがあり,また古代人がすでに行っていたというギリシア時代の記録もあるという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の気管切開術の言及

【ミュラー】より

…ミュラーは文部卿のすぐ下にあって,他の日本人の指示を受けない絶大な権力をもって医学教育と診療にあたり,予科3年,本科5年の本格的な医育制度を推進した。外科を主とし,エスマルヒ駆血法,気管切開術などを日本に導入したほか,産婦人科や眼科をも教えた。74年満期となり,宮内省御雇に転じ,75年帰国,ベルリンの廃兵院院長となった。…

※「気管切開術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

気管切開術の関連キーワード急性声門下喉頭炎(仮性クループ)イブン・ズフル気道・食道異物ミュラー

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android