コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラガ イラガ Cnidocampa flavescens; oriental moth

3件 の用語解説(イラガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラガ
イラガ
Cnidocampa flavescens; oriental moth

鱗翅目イラガ科のガ。前翅長 12~15mm。翅は比較的短く,丸みを帯び,体は太い。触角は雌雄ともに糸状。全体黄色で,前翅は外半部が褐色を帯び,翅端で相接する細い2横線がある。幼虫は毒針をもち,皮膚に触れると非常に痛い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イラガ

鱗翅(りんし)目イラガ科のガの1種。小さなガで開張33mm内外,幼虫はイラムシといい,カキ,サクラその他の広葉樹の葉を好む。多くの毒針をもった肉角が各節の両側にあり,刺されると非常に痛い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イラガ
いらが / 刺蛾
slug-caterpillar moths

昆虫綱鱗翅(りんし)目イラガ科Limacodidaeの総称。ほとんど世界中に分布する小形のガ類で、日本には27種産する。幼虫はやや平たいナメクジ型で、肉質突起をもち、毒針のあるものが多い。各種の樹木に寄生する。繭は堅固で卵形または西洋ナシ形。和名イラガMonema flavescensは、日本全土に普通に分布し、はねの開張30~35ミリメートル。前ばねの基半は黄色で、外半は赤褐色。幼虫はイラムシともよばれ、カキ、ナシ、ウメ、サクラ、ヤナギなど多くの植物に寄生する。繭は小鳥の卵のような形をし、白地に太い黒帯があり、俗にスズメノショウベンタゴとよばれている。越冬中の前蛹(ぜんよう)は、繭ごと釣りの餌(えさ)として利用され、タマムシという名で市販されている。成虫は、暖地では1年に1回、寒地では2回発生し、よく灯火に飛来する。日本のほか朝鮮半島、中国、シベリア南東部にも分布する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラガの関連キーワード刺蛾枯葉蛾蝙蝠蛾虎蛾苞蛾イラガ(刺蛾)シャクガ(尺蛾)トガリバガ(尖翅蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)ホタルガ(蛍蛾)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イラガの関連情報