イラン・コントラ事件(読み)イラン・コントラじけん(英語表記)Iran-Contra Secret affairs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラン・コントラ事件
イラン・コントラじけん
Iran-Contra Secret affairs

アメリカ,レーガン政権時代に,イランへの武器売却代金の一部をニカラグアの反政府ゲリラ (コントラ) 支援に流用しようとした秘密工作。レーガン政権の対ソ勢力巻返しを背景とする。ホワイトハウス直属国家安全保障会議のノース中佐らは議会の反対を予測して秘密裏にコントラ援助を実行し,事件が発覚したのちは大統領が事前にそのことを知っていたかどうかが究明の核心となった。ホワイトハウスは工作の事実があったことを認めたもののノース中佐の解任,ポインデクスター補佐官の辞任で決着をはかり,結局大統領の責任問題にはいたらなかった。この事件により,最高責任者 (大統領) を取巻くスタッフ,官僚の壁の厚さが明らかになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イラン・コントラ事件
いらんこんとらじけん
Iran-Contra affair

アメリカのレーガン政権が引き起こした政治スキャンダル。
 1986年11月、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)がイランに対し、1985年夏から86年秋にかけてイスラエル経由などで対戦車や対空ミサイル、戦闘機部品を極秘裏に輸出し、その代金の一部をニカラグアの反政府右派ゲリラ「コントラ」への援助に流用していたことが発覚した。当時アメリカ政府は「テロ支援国家イラン」とは交渉せず、武器の輸出もしないことを国際的に宣言しており、コントラに対する援助も議会によって法的に禁止されていた。ホワイトハウスがひそかにこれらに違反し、大統領であったレーガンがそれを止めなかったことは議会・世論の激しい非難を浴び、政権は最大の危機にみまわれた。
 工作は、レバノンの親イラン系組織に人質とされたアメリカ人を解放させることが目的だった。ロバート・マクファーレンRobert Carl McFarlane(1937― )が大統領補佐官であった時代に始められ、NSCの軍政部次長オリバー・ノースOliver North(1943― )が、国家安全保障担当補佐官ジョン・ポインデクスターJohn Marlane Poindexter(1936― )の了解の下で具体的に進めたことが判明。これらに関するレーガン自身の事件への指示・関与の疑惑や、副大統領のG・H・W・ブッシュをはじめとした政権中枢のかかわりの有無が最大の焦点となった。
 当初事実を全面否定していたレーガンは、結局イランへの武器供与に承認を与えていたことは認めた。事件の調査は、ジョン・タワーJohn Tower(1925―91)が議長を務める三人委員会、上下各院の特別委員会、特別検察官(独立法務官)に任命されたローレンス・ウォルシュLawrence Edward Walsh(1912― )によりそれぞれ進められた。ウォルシュは1994年の最終報告書で、レーガン、G・H・W・ブッシュはともにイランへの武器供与を承知し、発覚後は隠蔽(いんぺい)工作に関与したが、コントラへの流用は知らなかったと認定した。レーガン個人の責任追及には至らなかったが、ノース、ポインデクスターらは起訴され有罪となった。事件は高人気を誇ったレーガンの統治能力の欠如を浮き彫りにし、レーガンが掲げた「強いアメリカ」の国際的な威信を深く傷つけた。また、安全保障政策決定のあり方や秘密工作の是非を国民に問い直す契機ともなった。[村松泰雄]
『大塚喬重著『ポスト・レーガン アメリカの混迷』(1987・立風書房) ▽花井等著『アメリカの大統領政治』(1989・NHKブックス)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android