イワウメ(岩梅)(読み)イワウメ(英語表記)Diapensia lapponica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワウメ(岩梅)
イワウメ
Diapensia lapponica

イワウメ科の小型草状の常緑低木で,多数密に集ってカーペット状になる。北半球の高山に広く分布し,日本では本州中部以北の高山帯の岩石地に生える。7月頃,ウメに似た白い花をつける。5弁であるが基部は浅い鐘状をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イワウメ【イワウメ(岩梅) Diapensia lapponica L.ssp.obovata (Fr.Schm.) Hultén】

高山の岩地に生えるイワウメ科の常緑小低木(イラスト)。厚い葉が密に重なり,マット状になって岩をおおう。花の形がウメの形を思わせるのでこの名がある。風当りの強い岩場に密着した茎・葉の様子から,フキヅメソウ(吹詰草)の名もある。茎は多くの枝に分かれ,長さ3~5cm。葉はへら形で先はややへこみ,長さ6~15mm,幅3~5mm,革質で光沢があり,鋸歯はない。7月,枝先に花茎を伸ばし1花をつける。花は上向きに開き,花冠は白色でやや黄色を帯び,鐘形で5裂し,径1cmほどある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android