コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワギキョウ

3件 の用語解説(イワギキョウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イワギキョウ

チシマギキョウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イワギキョウ【Campanula lasiocarpa Cham.】

岩のすきまに群生して大きな青紫色の花を咲かせる高山植物(イラスト)。キキョウ科多年草アメリカ合衆国ワシントン州から本州中部まで,北太平洋地域に環状に分布している。根茎は細長く岩のすきまを伸び,先に数個の葉を叢生(そうせい)する。根生葉はへら形で長さ1.5~5cm,花茎は1本,高さ3.5~15cm,前年の根生葉の腋(えき)から出る。茎葉は数個,互生し,根生葉より細い。花は1個,ときに2~4個,横向きに咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワギキョウ
いわぎきょう / 岩桔梗
[学]Campanula lasiocarpa Cham.

キキョウ科の多年草。根出葉は倒卵状披針(ひしん)形で、とがった鋸歯(きょし)があり、基部は翼のある柄となる。花茎は高さ5~12センチメートル、倒披針形の柄のない小さな葉を数枚互生する。8月、花茎の先に鮮やかな紫色の花を1個横向きに開く。花冠は広鐘形で5裂し、毛はない。萼(がく)は粗毛があって5裂し、裂片は線形で少数の鋸歯があり開出する。果実は(さくか)で上を向いて裂開する。本州の中部地方以北、北海道の高山帯の岩隙(がんげき)や礫地(れきち)に生え、千島、樺太(からふと)(サハリン)、アリューシャン、カムチャツカ、アラスカに分布する。名は、岩場に生え、花がキキョウに似るのでいう。よく似たチシマギキョウは花冠の内面に毛があり、葉に波状の低い鋸歯がある。分布域もほぼ同じである。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワギキョウの関連キーワードパンジー青紫ウィスタリア草葦鷺苔沢桔梗見返草射干味噌川草深山竜胆

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone