コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワタバコ科 イワタバコかGesneriaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワタバコ科
イワタバコか
Gesneriaceae

双子葉植物シソ目の1科。新旧両大陸のおもに熱帯,亜熱帯に 120属約 2000種があり,大部分は草本である。まれに低木,つる性のものや樹上着生植物となるものもある。葉は通常は互生し,全縁の単葉,ときに厚質のものや羽状に裂ける例もある。観賞用として有名なストレプトカーパスStreptocarpusでは,子葉の1枚が普通葉のような形で展開し,成体となっても唯一の葉となっている。花は単生または花序をなし,大きな管状または漏斗状の花冠があって,多くは左右相称である。花冠は5裂し,上下二唇形,2または4本のおしべがある。イワタバコConandron,園芸植物のグロキシニア属 Sinningiaなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワタバコ科
いわたばこか
[学]Gesneriaceae

双子葉植物、合弁花類。草または低木、まれに高木となる。花は両性、普通は左右相称、花冠は一般に唇形である。雄しべは2または4本。子房は1室で多数の胚珠(はいしゅ)がある。果実は(さくか)で多数の小さな種子をもつ。世界に約120属2000種がおもに熱帯から亜熱帯にかけて分布し、子房上位のイワタバコ亜科、子房中位のオオイワギリソウ亜科に分けられる。日本産は7属7種あり、すべて前亜科に属する。観賞用にセントポーリア、グロキシニアなどが室内や温室で栽培される。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例