コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワノリ

栄養・生化学辞典の解説

イワノリ

 沿岸の岩壁に着生するウシケノリ科アマノリ属[Porphyra spp.]の海藻.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イワノリ【Collema】

日陰の岩や木の根もとに生えるイワノリ科の葉状地衣。日本には約10種がある。食用にするイワノリは藻類でアサクサノリに似ており,本種とは別物である。黒褐色で,湿るとやわらかいが,乾くとかたくてもろい。地衣体下面でゆるく基物とつき,偽根はない。共生藻はラン藻のネンジュモ属で,髄層全体に広がる典型的な同層地衣。ヤマトカワホリゴケC.japonicum (Müll.Arg.) Hueは日本各地に普通にみられ,地衣体は膜状で薄く,幅約1cmで,先端は丸みがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワノリ
いわのり / 岩海苔

紅藻植物、ウシケノリ科アマノリ属の海藻のなかで、岩礁上に自生するものの総称。ウシケノリ科の海藻は一般に紅紫色で、きわめて柔らかい薄膜葉状形をなす。顕微鏡で見ると、星状形の色素体をもつ体細胞で構成され、このような細胞の1層ないしは2層だけでつくられる薄膜葉体をもつ仲間をアマノリ属Porphyraとよぶ。この仲間にはアサクサノリのように内湾で養殖される種もあるが、大多数の種は外海の岩礁上に生える野生種である。これらを総称してイワノリ、クロノリ、アマノリなどとよび、その製品は岩海苔または黒海苔、甘海苔などの名で、各地の名産、土産物として販売されている。分類学的にみると、産地により、また同一地区でも季節によって種が異なるが、本州、四国、九州などの太平洋岸ではマルバアマノリ、オニアマノリが優占する。日本海沿岸ではウップルイノリ(十六島海苔)とクロノリ、北海道北東部沿岸ではタサとチシマクロノリ、九州南部と南西諸島ではツクシアマノリがそれぞれ優占する。イワノリ類は冬から春にかけて繁茂する一年生藻であるが、北海道北東部のような極寒海域では、流氷が溶けたあとに現れ、夏季に繁茂するというように、地区により生育期にも相違がみられる。[新崎盛敏]

食品利用

イワノリは外海の荒波にもまれて育ったノリであるから、浅草海苔のような干しノリとして食べる場合には、養殖ノリに比べて硬く、歯切れが悪いという傾向がある反面、色沢がよく、香味が強いという利点をもつ。佃煮(つくだに)に利用する場合、養殖ノリではあまりに柔らかすぎるので、市販の海苔佃煮ではヒトエグサ(緑藻植物)を原料にするのが一般的である。しかし、所によっては、名産「岩海苔佃煮」という名をつけて売られているが、その風味は普通の市販品とはひと味違うところがある。日本の諸地方では昔から紙状の抄製品にしているが、アイルランド、アイスランド、北欧などでは、採集物を圧縮して団塊状にして保蔵し、必要に応じて一部をちぎりとって、スープの実にしたり、油炒(いた)めで食することが多い。イワノリの栄養価は養殖のアサクサノリと変わらない。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イワノリの関連キーワードクロカワキノリ(黒皮木海苔)日本のおもな郷土料理日本のおもな郷土菓子アオキノリ仁江海岸海苔

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android