コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インガルデン インガルデン Ingarden, Roman

2件 の用語解説(インガルデンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インガルデン
インガルデン
Ingarden, Roman

[生]1893.2.5. クラクフ
[没]1970.6.14. クラクフ
ポーランドの哲学者,美学者。 E.フッサールの弟子として現象学から出発,芸術作品の実体論的考究を進めて独自の美学,文学論を展開した。主著『世界の存在についての議論』 Spór o istnienie świata (1947~48) ,『審美学』 Studia z estetyki (57~58) ,『文学作品について』O dziele literackim (60) ,『論理学の哲学的基礎及び言語の理論より』Z teorii jεzyka i filozoficznych podstaw logiki (72) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インガルデン
いんがるでん
Roman Ingarden
(1893―1970)

ポーランドの哲学者、文芸理論家。ポーランド現象論的哲学の代表。フッサールの弟子。第二次世界大戦後クラクフの大学で教鞭(きょうべん)をとったが、1950年代前半に観念論者という理由で追放され、その後復帰。ドイツ現象学とポーランド分析哲学を受け、独自の存在論を展開。主著に『文学的芸術作品』(1931、邦訳1982)、『世界の実存に関する論争』(1947~1948)など。[千野栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インガルデンの関連キーワードふくふくクラクフ門クラクラクラクフ学院クラクフ共和国《クラクフ市民と山人たち》クラクフ聖母教会クラクフ蜂起ゴクラクフウキンチョウミコワイ(クラクフの)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone