コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターメディア intermedia

翻訳|intermedia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターメディア
intermedia

従来の芸術メディアの融合によって生まれた,新たなメディアのことで,一般的には 1950年代後半から 60年代前半にかけてのさまざまな試みに対する概念である。文字の配列や大小を考慮して,視覚的な効果が意図された「視覚詩」や,それ自体無意味な言葉を用いるなどの方法によって,意味よりも音響的効果を狙う「音響詩」などは代表的な例である。視覚的・演劇的要素と音楽的事象との融合を図った「ハプニング」や「イベント」といったパフォーマンスにも,インターメディア性は指摘できる。インターメディアは,既成のメディアの境界に位置し,そのどれにも属さずに,またどの要素も個別に分離できないという意味で,たとえばオペラのように,複数のメディアを並列させるだけの「ミクスト・メディア」からは区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インターメディア(intermedia)

光・音響・色彩などの表現と、身体の動きなどが、新しい形で合流した芸術表現。1960年代のヌーボーレアリスムや日本の具体グループの動向をさす。→メディアアート

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

インターメディア

正式社名「インターメディア株式会社」。略称「IMC」。英文社名「InterMedia Co., Ltd.」。情報・通信業。昭和53年(1978)設立。本社は東京都文京区湯島。情報処理サービス会社。電子ファイル・データベースコンテンツの作成を受託。ウェブサイトの構築・運用管理も手がける。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

インターメディアの関連キーワードタイムインターメディア歯垢(プラーク)と歯石レッドコンプレックスミックスト・メディアレオ ヒンドレー歯肉炎と歯周炎刀根康尚実験工房カプロー財務省

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インターメディアの関連情報