インターメディア(英語表記)intermedia

翻訳|intermedia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターメディア
intermedia

従来の芸術メディアの融合によって生まれた,新たなメディアのことで,一般的には 1950年代後半から 60年代前半にかけてのさまざまな試みに対する概念である。文字の配列や大小を考慮して,視覚的な効果が意図された「視覚詩」や,それ自体無意味な言葉を用いるなどの方法によって,意味よりも音響的効果を狙う「音響詩」などは代表的な例である。視覚的・演劇的要素と音楽的事象との融合を図った「ハプニング」や「イベント」といったパフォーマンスにも,インターメディア性は指摘できる。インターメディアは,既成のメディアの境界に位置し,そのどれにも属さずに,またどの要素も個別に分離できないという意味で,たとえばオペラのように,複数のメディアを並列させるだけの「ミクスト・メディア」からは区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

インターメディア

正式社名「インターメディア株式会社」。略称「IMC」。英文社名「InterMedia Co., Ltd.」。情報・通信業。昭和53年(1978)設立。本社は東京都文京区湯島。情報処理サービス会社。電子ファイル・データベースコンテンツの作成を受託。ウェブサイトの構築・運用管理も手がける。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android