インダントロン(読み)いんだんとろん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インダントロン
いんだんとろん
indanthrone

1901年にドイツのBASF社のボーンRen Bohn(1862―1922)が、アントラキノン核をもつインジゴ系染料を研究中に合成した、最初のアントラキノン系のバット染料。化学構造はインジゴ型とはまったく異なり、1,4-ジアジン環をもつ。インダンスレンブルーRSNの商品名で市販された。これは従来に類例をみないほどの堅牢(けんろう)な染料であった。この染料の合成以後、多くの優れたバット染料がつくられるようになり、染料工業上に果たした意義はきわめて大きい。のちに堅牢で高級なバット染料にインダンスレンindanthreneの名が与えられるようになったので、インダンスレンブルーRSNをさすときにはインダントロンということが多い。今日も多く使用されているが、単価が高いため使用範囲は限られている。青色顔料としての利用もある。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のインダントロンの言及

【インダンスレン】より

…化学名はインダントロンindanthrone。黒みがかった青色粉末で建染染料の一種。…

【合成染料】より

…しかし工業的な意味では,繊維を染色する染料,着色を目的とする有機顔料においては,天然染料は完全に合成染料に置きかえられてしまった。合成染料は1856年イギリスのW.H.パーキンがアニリンから赤紫色染料モーブを合成したのが端緒になり,80年にはドイツのJ.F.W.A.vonバイヤーにより天然の藍の主成分であるインジゴが合成され,4年後にはベッティガーP.Böttigerにより赤色の直接アゾ染料であるコンゴーレッドが,さらに1901年にはドイツのボーンR.Bohnにより青色の高級建染染料であるインダントロン(インダンスレン)の合成が行われた。これらはいずれも,合成染料の歴史上画期的な出来事であった。…

※「インダントロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android