コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテリジェント材料 インテリジェントざいりょう intelligent materials

5件 の用語解説(インテリジェント材料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インテリジェント材料
インテリジェントざいりょう
intelligent materials

知能材料,スマートマテリアルとも呼ばれる。状況を知覚し判断する能力,それをもとに適切な行動を起こせる知能を付加した素材。 1989年,航空電子等技術審議会の答申を契機に,本格的な研究・開発スタートした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

インテリジェント‐ざいりょう〔‐ザイレウ〕【インテリジェント材料】

知的材料

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

インテリジェント材料【インテリジェントざいりょう】

知能材料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

インテリジェントざいりょう【インテリジェント材料】

外的環境の変化に応じて特性や構造が変化し、機能を発揮することができる材料。例えば、緻密な酸化皮膜を形成し、それ以上の酸化を阻止するステンレス鋼など。知的材料。賢材。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インテリジェント材料
いんてりじぇんとざいりょう
intelligent material

周囲の環境条件に応じて機能が変化する「知的材料」のこと。科学技術庁(現文部科学省)は1994年度(平成6)から物質を分子・原子レベルで制御して新素材開発を目ざす計画に着手したが、インテリジェント材料への応用が期待されている。また、材料の破壊を事前に知らせる知的材料の実用化を目ざす「賢材研究会」が1994年2月に発足し、東京大学清水建設綜合警備保障電気化学工業などの企業が次世代構造材料の開発を計画している。自己修復材料インテリジェントデバイス、インテリジェントポリマーなどが企業や大学などの研究開発テーマになっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インテリジェント材料の関連キーワード外的外的生活内的美的環境例外的ホメオスターシス外的対象外的適応《地理的環境の影響》非生物的環境

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone