コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド国民軍 インドこくみんぐんIndian National Army

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド国民軍
インドこくみんぐん
Indian National Army

第2次世界大戦中,インドの武力解放を目指して組織された軍隊。同大戦で,イギリスはインド人民の意志を問うことなく,インドをみずからの戦争体制に組込んだ。これに対しインド国民会議派のうち,M.ガンジー,J.ネルーなどは対英非協力の態度をとったが,左派領袖 S.C.ボースなどは,日本の武力に頼りインド独立をはかった。一方,日本は対印工作の中心にこうしたインドの独立運動をおき,1942年6月 15日バンコクに日本占領地域内のインド人代表を集めてインド独立大会を開催。日本軍に投降した英印軍のインド人将兵を中核に,インド国民軍を結成。 43年ボースが亡命先のドイツからシンガポールに着くと,独立運動の主導権はボースに譲られ,10月 21日ボースを主席とする「自由インド仮政府」が樹立された。ボースはまた国民軍の最高司令官としてその強化に力を注ぎ,44年3月日本軍のインパール作戦に参加したが,国民軍は 45年4月までにほとんど壊滅状態となった。戦後イギリスは同軍の最高幹部3人だけを軍法会議に付し,イギリス国王に対する反逆の罪で終身刑の判決を下したが,民衆の激高で暴動状態が広がったため,46年1月3日に3人を釈放した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インドこくみんぐん【インド国民軍 Indian National Army】

第2次大戦中日本軍と協力してインド独立のために戦った組織。ラーシュ・ビハーリー・ボースらが日本で設立したインド独立連盟の下にマレーで英印軍より投降したモーハン・シングを司令官とした国民軍が1941年末に創設された。43年スバース・チャンドラ・ボースが司令官兼仮政府首班となり,インパールで英軍と戦ったが敗北。S.C.ボースは台北で事故死した。戦後,国民軍裁判への抗議は大運動となり,独立達成の速度を早めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインド国民軍の言及

【ボース】より

…その後相馬夫妻の長女俊子と結婚。41年太平洋戦争勃発とともに,インド独立連盟総裁としてインド国民軍結成のため日本に協力した。S.C.ボースの訪日およびS.C.ボースの自由インド仮政府の首班就任までは,日本軍と主体性を確保しようとするインド国民軍の板挟みとなって苦しむ。…

※「インド国民軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インド国民軍の関連キーワードボース(Subhāsh Chandra Bose)R.B. ボース藤原 岩市

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android