ウィルヘルム1世(読み)ウィルヘルムいっせい(英語表記)Wilhelm I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルヘルム1世
ウィルヘルムいっせい
Wilhelm I

[生]1797.3.22. ベルリン
[没]1888.3.9. ベルリン
プロシア王 (在位 1861~88) 。ドイツ帝国の初代皇帝 (在位 71~88) 。フリードリヒ・ウィルヘルム3世の子で,フリードリヒ・ウィルヘルム4世の弟。生粋のプロシア軍人として成長,保守的な政治的見解をもち,1848年のベルリン革命を鎮圧して,国民の反感を買い,一時ロンドンに逃れた。 49年バーデンの革命運動を弾圧。 58年病王の摂政,61年王位を継承し,プロシアによるドイツ統一を志した。 62年ビスマルクを登用してプロシア内外の政治を担当させ,軍事面では A.ローン,大モルトケらの人材を活用した。 64年シュレースウィヒ=ホルシュタイン問題を解決,66年プロシア=オーストリア戦争に勝利を収めて,北ドイツ連邦をつくり,70年普仏戦争に完勝,ドイツ帝国をつくり,その皇帝となった。その後の政治もビスマルクの指導によるが,彼自身は血縁上ロシアに近く,ビスマルクによる 79年のドイツ=オーストリア同盟には最初反対した。この間2度暗殺を企てられ,2度目 (78) には重傷を負った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ウィルヘルム1世

生年月日:1797年3月22日
ドイツ帝国の初代皇帝(1871〜88),プロシア王(1861〜88)
1888年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android