コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普墺戦争 ふおうせんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普墺戦争
ふおうせんそう

「プロシア=オーストリア戦争」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふおう‐せんそう〔フアウセンサウ〕【普墺戦争】

1866年、プロイセンオーストリアとの間でドイツ統一の主導権をめぐって行われた戦争。シュレスウィヒ‐ホルシュタインの帰属問題をきっかけに開戦。プロイセンが大勝し、ドイツの盟主となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

普墺戦争【ふおうせんそう】

プロイセン・オーストリア戦争とも。1866年プロイセンとオーストリア間で行われた戦争。シュレスウィヒ・ホルシュタイン問題が端緒。ドイツ連邦諸国の多くはオーストリア側についたが,ビスマルク首相のもと参謀総長モルトケの率いるプロイセン軍はケーニヒグレーツの戦でオーストリア軍を大破,7週間で完勝した。
→関連項目アウスグライヒオーストリア北ドイツ連邦大ドイツ主義ドイツビアリッツの密約ボイスト

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふおうせんそう【普墺戦争 Deutscher Krieg】

ドイツ統一をめぐるプロイセンとオーストリアとの戦争。プロイセン・オーストリア戦争ともよばれる。ドイツでは1860年になお,35の君主国と4自由市に分裂しており,ドイツ統一への要求は切迫したものとなっていた。このドイツ統一の覇権争奪をめぐり普両国の対立も深化していた。プロイセン首相ビスマルクは,イタリアとの同盟を結び,フランス・ロシアの介入を阻止しつつ,オーストリアを戦争へと追い込んだ(1866年6月)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふおうせんそう【普墺戦争】

1866年ドイツ統一の方式をめぐって起こったプロイセンとオーストリアの戦争。七週間でプロイセンが大勝し、オーストリアを除外したドイツ統一の大勢が決定した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の普墺戦争の言及

【ハプスブルク家】より

…しかしブルジョアジーの台頭と諸民族のナショナリズムの高まりのもとで,反動的な官僚主義と啓蒙的な君主思想のはざまにあって悩み続ける。ことに59年のイタリア独立戦争,66年の普墺戦争に敗れてイタリアとドイツから排除されると政策上も中央集権化と諸民族の連邦化との間を動揺する。ドナウ帝国の再建のために67年ハンガリーとアウスグライヒAusgleich(妥協)を行い,オーストリア・ハンガリー二重帝国を成立させるが,犠牲にされたスラブ系諸民族の不満は高まる。…

【プロイセン】より

…そこで61年,彼がウィルヘルム1世として即位すると,王はユンカー出身の保守主義政治家ビスマルクを招いて首相に任じ(1862),ここに軍事予算問題をめぐる〈プロイセン憲法紛争〉が燃え上がった。ビスマルクは議会の反対を無視して軍備拡張を強行,この軍事力と巧みな外交工作により普墺戦争でオーストリアを倒し,プロイセンを盟主とする北ドイツ連邦を組織,さらに普仏戦争の勝利により,南ドイツ諸邦をもこれに組み入れるかたちでドイツ帝国の建設をなしとげた。 ドイツ帝国は,なお連邦体制を維持したものの,プロイセン王が世襲の皇帝として君臨し,ビスマルクが帝国宰相に任ぜられたことが示すように,まったくプロイセン主導の国家であった。…

※「普墺戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

普墺戦争の関連キーワード橫・凹・嘔・墺・央・奥・奧・媼・往・応・應・懊・押・旺・桜・横・櫻・欧・歐・殴・毆・王・皇・翁・謳・鴎・鷗・鶯・黄オーストリア・ハンガリー二重帝国プロシア=オーストリア戦争フランツ・ヨーゼフ[1世]フランツ・ヨーゼフ[1世]ウィルヘルム[1世]ウュルテンベルクヒンデンブルク小ドイツ主義ドイツ統一戦勝記念塔フランツ普仏戦争カッペンベーベル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android