ウィレム2世[オランダ王](読み)ウィレムにせい[オランダおう](英語表記)Willem II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィレム2世[オランダ王]
ウィレムにせい[オランダおう]
Willem II

[生]1792.12.6. ハーグ
[没]1849.3.17. ティルブルフ
オランダ (ネーデルラント) 王 (在位 1840~49) 。ウィレム1世の長男。 1795年オランダ連邦共和国の崩壊により家族とともにイギリスに亡命。イギリスで軍事勤務に従いワーテルロー会戦に参加,1840年父の退位により即位し,危機に瀕した国家財政を再建した。 48年フランスの二月革命の波及を恐れて,J.トールベッケらの主張する自由主義的な憲法改正を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android