コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィレム2世[オランダ王] ウィレムにせい[オランダおう]Willem II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィレム2世[オランダ王]
ウィレムにせい[オランダおう]
Willem II

[生]1792.12.6. ハーグ
[没]1849.3.17. ティルブルフ
オランダ (ネーデルラント) 王 (在位 1840~49) 。ウィレム1世の長男。 1795年オランダ連邦共和国の崩壊により家族とともにイギリスに亡命。イギリスで軍事勤務に従いワーテルローの会戦に参加,1840年父の退位により即位し,危機に瀕した国家財政を再建した。 48年フランス二月革命の波及を恐れて,J.トールベッケらの主張する自由主義的な憲法改正を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウィレム2世[オランダ王]の関連キーワード石井庄助ラ・マルセイエーズ雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火コシチューシコ州兵ルイ16世アルフィエーリ雲仙岳カラムジンカートライト(Edmund Cartwright)