コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーゼル ウィーゼル Wiesel, Torsten Nils

4件 の用語解説(ウィーゼルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーゼル
ウィーゼル
Wiesel, Torsten Nils

[生]1924.6.3. ウプサラ
スウェーデンの神経生物学者。カロリンスカ研究所で医学を修め (1954) ,アメリカのジョンズ・ホプキンス大学に招かれる。 1959年にハーバード大学に転じ,同大学教授 (74) 。同僚の D.H.ヒューベルと共同で大脳皮質の視覚野の構造,機能を詳細に解明し,大脳半球の機能分化を研究した R.W.スペリーとともに 81年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウィーゼル
ウィーゼル
Wiesel,Elie

[生]1928.9.30. シゲト
アメリカのユダヤ系フランス語作家。ルーマニア出身。アウシュウィッツから生還後,パリに移住。 1956年,アメリカに移住して帰化。強制収容所の体験を描いた『夜』 La Nuit (1958) ,『夜明け』L'Aube (60) ,『昼』 Le Jour (61) の自伝的3部作で注目を集める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーゼル【Elie Wiesel】

1928‐
アメリカの小説家。著作はフランス語による。ルーマニアで生まれ,いわばユダヤ神秘家として少年期を送る。1944年春,アウシュビッツ強制収容所に移送され,神を疑ったが,信仰を捨てなかった。彼によれば,神への反抗もユダヤ教の伝統の一部をなす。解放後フランスに移住して新聞記者となり,収容所経験を証言した《夜》(1958)を書く。ニューヨーク滞在中にビザの期限が切れ,アメリカの市民権を取得する。《幸運の町》(1962)などの自伝的小説,ソ連紀行《沈黙のユダヤ人》(1966),六日戦争から生まれた《エルサレムの乞食》(1968),証言を主題とした《コルビラーグの誓い》(1973),アルツハイマー病者による記憶の伝達をめぐる《忘れられた者》(1989),ユダヤ教の伝統と取り組んだ研究《称揚》連作(1972‐91),自叙伝2巻ほかがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウィーゼル【Elie Wiesel】

1928~ ) トランシルバニア生まれのユダヤ人作家。国籍はアメリカで、作品はフランス語で書く。ナチスの強制収容所の経験を作品に定着。著「夜・夜明け・昼」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーゼルの関連キーワードフラングレゴンクールパクスアメリカーナアベプレボーアフリカの女アメリカの夢アメリカの夜アメリカの影映画に愛をこめて/アメリカの夜フランソワ・トリュフォーのアメリカの夜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィーゼルの関連情報