ウェストファリア王国(読み)ウェストファリアおうこく(英語表記)Royaume de Westphalie; Königreich Westfahlen

  • Westphalia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1807年にナポレオン1世が,エルベ川西方のウェストファリア地方に形成した臣従国家。弟のジェローム・ボナパルト王位につき,首府カッセルにおいた。その領域はヘッセン選帝侯国,ハノーバー公国,ブラウンシュワイク公国,およびプロシアがこの地方に獲得していたミンデン,パーダーボルンなどの諸地域から成る。完全にフランスに模した行政がしかれ,住民は重税に苦しんだ。 13年の解放戦争消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナポレオン1世のヨーロッパ大陸制覇の結果、ドイツに1807年から13年まで成立した王国。ナポレオンは、プロイセンを敗北させたのち、そのエルベ川西方の領土、ヘッセ・カッセル、ブラウンシュワイク、ハノーバーなどをあわせて、弟ジェロームを王とした。ウェストファリアWestphaliaはごく一部が含まれるにすぎず、首都はカッセル。フランスに類似した統治が敷かれたが、主として現地のドイツ人が衝にあたり、ライン同盟に加入していた。ジェロームは、兄の期待に反して無能であったうえに、フランスによる徴兵や、大陸封鎖による経済事情の悪化が住民を苦しめ、民心は離反した。1813年、ナポレオンを敗北させた連合軍に占領され、事実上、滅亡した。[山上正太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1807〜13
ナポレオン1世によって建てられた国。ドイツ語ではWestfalen
1807年のティルジット条約によりプロイセン王国のエルベ川以西を奪い,若干の小国を合わせてつくったフランスの従属国。ナポレオンの弟ジェロームが国王となり,ライン同盟にも加盟したが,ナポレオンの没落とともに消滅。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android