コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェットスーツ ウェットスーツ wet suit

翻訳|wet suit

2件 の用語解説(ウェットスーツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェットスーツ
ウェットスーツ
wet suit

潜水の際に着用するウェア。潜水者 (ダイバー) の「第2の皮膚」として皮膚を保護し,保温をはかる。 1760年にヘルメット式呼吸器と合わせて考案された。 1943年のアクアラングの発明を機に一段と改良が進み,ゴム製だけでなくポリエステルなどさまざまな素材のものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェットスーツ
うぇっとすーつ
wetsuit

湿式の潜水服。ドライスーツと異なり、ウェットスーツは内部に水が入るが、発泡クロロプレン製のスーツ生地には独立気泡が多く含まれ、断熱性に優れ保温力が高く、着用者の体温は保護される。また伸縮性があり、身体にぴったり装着できる。耐摩耗性に優れ、岩場などからダイバーの肌を保護するとともに、ダイバーが水面に浮上する浮力が生かされるつくりとなっている。厚いものほど保温性に優れるが、浮力が大きくなるので、ウェイト(おもり)の調整(3~7キログラム)が必要になる。ダイビングをはじめ、サーフィン、ウィンドサーフィン、カヌーなどのスポーツ時や、水上・水中作業時などに、フード、手袋、ウェイト、シューズとともに装着される。ウェットスーツには水温や作業内容によってさまざまな型があり、上下一体型(長袖・長ズボン、半袖・長ズボン、長袖・半ズボン、半袖・半ズボン)、分離型(上着のみ、ズボンのみ)など多種類ある。[山田 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェットスーツの関連キーワード潜水艇潜水夫挿鞋ダイバーフォーマルウエアホームウエア潜水冠潜水器潜水具ダイブテーブル

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウェットスーツの関連情報