ウェルシュ菌(読み)ウェルシュキン

デジタル大辞泉の解説

ウェルシュ‐きん【ウェルシュ菌】

Welch bacillus》細菌の一種。人や動物の腸管内、水などに存在する。熱に強く、カレーやシチューなど大量に長時間煮込んで作る料理での食中毒の原因となる。虫垂炎ガス壊疽(えそ)にも関係する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェルシュ菌
うぇるしゅきん
[学]Clostridium perfringens

卵円形の大形の胞子(芽胞)を形成するグラム陽性の桿(杆)菌(かんきん)。ウェルチ菌ともいう。鞭毛(べんもう)はない。A~F型菌が知られている。細菌性食中毒の原因菌で、症状は耐熱性A型菌による場合は、潜伏期間は8~22時間(平均12時間)で、下痢、腹痛に始まる。吐き気、嘔吐(おうと)は少なく、発熱も38℃を超えない。概して軽症で、1日から2日で完全に回復する。人間や動物の腸管のほか、土壌、水などに分布する。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウェルシュ菌の言及

【ガス壊疽】より

…クロストリジウム属clostridiumに属する嫌気性菌が傷口から侵入して起こる,広範な筋肉の感染症。原因菌は,ウェルシュ菌C.welchii,ノビ菌C.novyi,セプチクス菌C.septicumなど6種類あり,数種類の混合感染によるものが多い。いずれもグラム陽性の杆菌で,胞子をもち,毒素を産生する。…

※「ウェルシュ菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェルシュ菌の関連情報