コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルハーベン ウェルハーベン Welhaven, Johan Sebastian Cammermeyer

3件 の用語解説(ウェルハーベンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルハーベン
ウェルハーベン
Welhaven, Johan Sebastian Cammermeyer

[生]1807.12.22. ベルゲン
[没]1873.10.21. クリスチャニア(現オスロ)
ノルウェーの詩人。初め画家を志望したが,のち苦学して大学に入り,詩人を志した。繊細な芸術家で,ウェルゲランデンマーク文化に決別してノルウェー独自の文化を築くべきだと主張したのに対し,デンマークをはじめとするすべての尊い文化との調和とその摂取を願って大論争をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルハーベン【Johan Sebastian Welhaven】

1807‐73
ノルウェー国民ロマン主義文学最大の詩人。デンマークから分離(1814)後も,その文化伝統を重んじて過激派詩人ウェルゲランと対立。その妹で小説家カミラコレットが愛した相手としても有名。ソネット集《ノルウェーの黎明》(1834)は論争的内容で評判になったが,詩人の本領は《詩集》(1838),《新詩集》(1844),《詩50編》(1847)等の恋愛や自然,民衆生活をうたった作品にある。大学で美学の教授も務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェルハーベン
うぇるはーべん
Johan Sebastian Welhaven
(1807―1873)

ノルウェーの詩人。ウェルゲランとともにノルウェー独立期の指導的詩人。ウェルゲランよりも繊細な感情の持ち主であり、また彼のように性急にデンマーク文化と絶縁しようとはせず、そのよきものを生かしたうえで調和的な新文化を育てようとし、両者の間には熱烈な論争が繰り返された。その一方、論敵ウェルゲランの妹カミラ(後の作家カミラ・コレット)と愛し合ったが、これは悲恋に終わった。長らく大学教授をしたが、晩年は精神病に陥って不幸な生涯を閉じた。代表作は詩集『ノルウェーの曙(あけぼの)』(1834)など。後期の叙情詩には深い内面性がある。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェルハーベンの関連キーワードノルウェーロマンチストロマン派ノルゲルソーとロマン主義ノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団イギリス・ロマン派学会ノルウェー・クローネヒンク

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone