ウエート

精選版 日本国語大辞典「ウエート」の解説

ウエート

〘名〙 (weight)
① 重量。特に体重。
※家族会議(1935)〈横光利一〉「五つ六つ練習ボールを飛ばしてみた。〈略〉『ウエイトがあるから、よく飛びますね』」
② 重要度。また、重要とされる部分。
※合本俘虜記(1952)〈大岡昇平〉労働「総和やウェイトやパーセンテージの複雑な組合はせによって」
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉IV「それは新しい問題という意味で大きなウエートを持っている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ウエート」の解説

ウエート(weight)

《「ウエイト」とも》
重量。目方。体重。特に、ボクシング・レスリング・柔道・ウエートリフティングなどの階級にいう。
おもり。特に、トレーニングのために身につけるおもり。「ウエートジャケット」
重要度。重点。「大きなウエートを占める」「趣味にウエートを置く」
ウエートベルト」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android