ウサギ(兎)(読み)ウサギ

百科事典マイペディアの解説

ウサギ(兎)【ウサギ】

ウサギ目ウサギ科の総称。齧歯(げっし)類に似るが,上顎門歯が2対あり,別系統とされる。尾が短く,後肢が長く跳躍に適し,耳が長いものが多い。オーストラリア,マダガスカルを除く全世界に分布。しかしオーストラリアでは,19世紀初めに移入したアナウサギが野生化している。砂漠,草原,森林,高山,ツンドラなど,ほとんどあらゆる環境にすむ。草食性で,二つのタイプの糞(ふん)を排出する。暗緑色のクリーム状の軟便は肛門から直接口に入れて食べる。これには,消化しやすい形の食物と,ビタミンBとタンパク質が豊富である。種類が多く,普通,ユキウサギノウサギ,ジャックウサギなどのノウサギ類と,アマミノクロウサギ,アナウサギなどのアナウサギ類とに分ける。飼いウサギはアナウサギを家畜化したもので,多くの品種がある。肉用種としてベルジアン種,カリフォルニアン種,ニュージーランド・ホワイト種,毛用としてアンゴラ種,毛皮用としてチンチラ種,レックス種などがある。日本白色種は毛皮と肉との兼用種。また愛がん用としてイングリッシュ種,ダッチ種,ヒマラヤン種など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウサギ【ウサギ(兎)】

長い耳と植物をかじることに適した長大な門歯をもつウサギ目Lagomorphaに属する哺乳類の総称。ウサギ目は,以前はネズミリスなどと同じ齧歯(げつし)目の1亜目重歯類とされたこともあるが,血清学的に齧歯目とは関係が遠いことが明らかになり,形態学的にも大きく異なる点があることから,現在は独立した目とされている。南極大陸オセアニア,マダガスカルおよび東南アジアの多くの島を除く全世界に広く自然分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウサギ(兎)の言及

【毛皮】より

…高級毛皮としては,ミンク,キツネ,テン,チンチラ,カラクールなどがある。ミンク,キツネなどが飼養され,またメンヨウ,ヤギ,ウサギなどの家畜が多く利用されている。野生動物の保護のためワシントン条約があり,学術研究以外に国内に持ち込むことが禁じられているものも多い。…

【実験動物】より

…これらの疾病の研究のためには相似の動物の疾患をモデルとして研究を行うことがきわめて有効であり,そのため疾患モデルとしての実験動物の系統もいろいろ作出され維持されている。例えば,糖尿病や筋萎縮症のマウス,本態性高血圧症のラット,高脂血症のウサギなどがある。検定用の実験動物とは,ホルモンや酵素など生物活性物質の力価を生物検定したり,疾病の診断をするために用いられる動物である。…

【月】より

…月全体として光の反射率は悪いのであるが,そのなかでも海の部分はとくに悪いといえる。月面には,このように暗い黒く見える部分とやや明るい部分があるために,月面でウサギが餅をついているとか,いろいろな話が生まれたのである。 月の表側には15ほどの海がある。…

※「ウサギ(兎)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android