コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチムラサキガイ Saxidomus purpuratus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウチムラサキガイ
Saxidomus purpuratus

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科。殻長 8.5cm,殻高 6.5cm,殻幅 4cmに達する大型種。殻は厚く,丸みのある長方形でふくらみ,後端は両殻の間が狭く開く。殻表は灰白色で,幼貝のときは淡褐色の色帯が殻頂から放射状に走る。成長脈は粗い。内面は,幼貝では白色,成長するとしだいに濃紫色になる。北海道南部から九州,朝鮮半島の内湾の浅海の砂泥底にすむ。食用。別名オオアサリ,ハシダテガイともいい,後者は殻の内面の外套線を天橋立に見立てた名で,それに松並木などを描いてみやげ品とした。(→二枚貝類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウチムラサキガイ

マルスダレガイ科の二枚貝。長さ8.5cm,高さ6.5cmほど。殻は厚質でまるみのある長方形。表面は灰白色,光沢はない。内面は幼貝で白色,成長すると濃紫色。内紫の名はこれによる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android