コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチワヤンマ Ictinogomphus clavatus

世界大百科事典 第2版の解説

ウチワヤンマ【Ictinogomphus clavatus】

トンボ目サナエトンボ科の昆虫(イラスト)。日本にいるものではこの科のうちもっとも大型で,体長約8cm。雄の第8腹節には半円形葉片がついているのでこの名がある。雌ではこれは小さい。青森から鹿児島まで,平地の池沼,あるいは湖でふつうに見られる。大陸では朝鮮半島,中国を通じてトンキンにまで至る。台湾にも少なくないが,琉球諸島には見られない。本州では5~7月ころ多く出現し,成熟した雄は水域の内周を飛翔(ひしよう)し,棒上に静止する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウチワヤンマ
うちわやんま / 団扇蜻
[学]Ictinogomphus clavatus

昆虫綱トンボ目サナエトンボ科に属する昆虫。本州ではこの科のうちもっとも大形(体長約80ミリメートル)の種類。雄の第8腹節には左右に半円形の葉片がついている(雌は葉片が小さい)。青森県から鹿児島県まで平地の池沼あるいは湖にみられる。大陸では朝鮮半島から中国本土を通じてトンキンまで分布。台湾にも少なくないが琉球(りゅうきゅう)列島にはみられない。本州では5~8月にわたって出現し、幼虫は独特の三角形にとがった腹部をもち、深い泥底に生活するものと考えられる。[朝比奈正二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウチワヤンマの関連キーワード朝比奈正二郎早苗蜻蛉蜻蜓

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android