コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチワヤンマ Ictinogomphus clavatus

2件 の用語解説(ウチワヤンマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウチワヤンマ【Ictinogomphus clavatus】

トンボ目サナエトンボ科の昆虫(イラスト)。日本にいるものではこの科のうちもっとも大型で,体長約8cm。雄の第8腹節には半円形の葉片がついているのでこの名がある。雌ではこれは小さい。青森から鹿児島まで,平地の池沼,あるいは湖でふつうに見られる。大陸では朝鮮半島,中国を通じてトンキンにまで至る。台湾にも少なくないが,琉球諸島には見られない。本州では5~7月ころ多く出現し,成熟した雄は水域の内周を飛翔(ひしよう)し,棒上に静止する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウチワヤンマ
うちわやんま / 団扇蜻
[学]Ictinogomphus clavatus

昆虫綱トンボ目サナエトンボ科に属する昆虫。本州ではこの科のうちもっとも大形(体長約80ミリメートル)の種類。雄の第8腹節には左右に半円形の葉片がついている(雌は葉片が小さい)。青森県から鹿児島県まで平地の池沼あるいは湖にみられる。大陸では朝鮮半島から中国本土を通じてトンキンまで分布。台湾にも少なくないが琉球(りゅうきゅう)列島にはみられない。本州では5~8月にわたって出現し、幼虫は独特の三角形にとがった腹部をもち、深い泥底に生活するものと考えられる。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウチワヤンマの関連キーワード青糸蜻蛉早苗蜻蛉塩辛蜻蛉塩屋蜻蛉蝶蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉糸蜻蛉川蜻蛉腰明蜻蛉

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone