コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウドノキ Leea

2件 の用語解説(ウドノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウドノキ【Leea】

旧世界熱帯域に約60種が分布するウドノキ科の属(イラスト)。林縁や川岸の湿地に多い。 単葉あるいは2~3回羽状分裂のウドに似た大きな複葉を有する草本状の低木,時には高さ5mをこえるが,茎には髄が発達する。茎頂部の葉に対生して多数の花が散房状に集まった花序をつけるが,花は小さく黄緑色,黄色あるいは赤色。実は時には直径1cmをこえる球形で大きな種子を入れた液果である。 オオウドノキL.indica (Burmit.) Merr.のように若芽や多肉質の果実を食べることもあるが,もっぱら葉や色づいた花序や実を観賞するため温室で栽植される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウドノキ
うどのき / 独活木
[学]Pisonia umbellifera Seem.

オシロイバナ科の常緑高木。別名オオクサボク。高さ18メートル、径1メートルになり、樹皮は灰褐色、樹幹は柔らかく全株無毛。葉は対生ないし三輪生で厚く、楕円(だえん)形で全縁、表面は暗緑色で光沢がある。花期は初夏。複集散花序を頂生し、(さくか)は長楕円形で溝が五つある。小笠原(おがさわら)、沖縄から熱帯アジアに分布。名は、材が柔らかく役にたたないのでいう。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウドノキの関連キーワード熱帯湖翼手類シェフレラ亜熱帯植物旧世界熱帯鳥熱帯林死滅回遊魚熱帯性スプルー粒度分布

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone