コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウバウオ ウバウオ Aspasma minima

2件 の用語解説(ウバウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバウオ
ウバウオ
Aspasma minima

スズキ目ウバウオ科の海水魚。全長約 6cm。体は無鱗で,前半は縦扁し,後半は側扁する。腹鰭は吸盤状。眼は活発に動く。周囲の色彩に従って体色を変化させる。潮だまりの石や海藻などに吸着している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウバウオ
うばうお / 姥魚
cling fish

硬骨魚綱ウバウオ目ウバウオ科Gobiesocidaeの海水魚の総称、およびそのなかの1種名。この科の仲間は全長10センチメートル以下の小形魚で、体は雄のほうが雌より大きい。頭部が平たく体に鱗(うろこ)がない。背びれは一つで、腹びれは左右が癒合して吸盤となる。世界中の温帯、熱帯の浅海に分布し、波打ち際の岩礁や潮だまり、あるいは海産植物群落内に生息する。腹びれの吸盤で他物に吸着し、小動物を捕食して生活する。世界中からは33属約90種が知られており、日本からは現在までウバウオ、ミサキウバウオ、ツルウバウオ、アンコウウバウオ、ホソウバウオ、ハシナガウバウオ、ウミシダウバウオの7属7種が知られている。
 和名ウバウオAspasma minimaは、千葉県以南の本州と沖縄本島の海域に分布する。全長は7センチメートル以下で、背びれと臀(しり)びれは小さく、腹びれの吸盤は前後の2部に仕切られている。カジメやホンダワラなどの褐藻類群落にすみ、葉体の上で吸着生活を送る。1年で成熟し、春から初夏の産卵期がすむと死ぬ。[中坊徹次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウバウオの関連キーワード赤羽太赤鯥疣鯛海鱮瘤鯛胡麻鯖蝶蝶魚葉血引真魚鰹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone