コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミイグアナ ウミイグアナ Amblyrhynchus cristatus; marine iguana

4件 の用語解説(ウミイグアナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミイグアナ
ウミイグアナ
Amblyrhynchus cristatus; marine iguana

トカゲ目タテガミトカゲ科。ガラパゴス諸島の固有種で,体長 1m以上。頭はごつごつしており,口先は短く丸みを帯びる。背中線上にたてがみ状の鱗の列をそなえている。海岸の溶岩原に多数が集ってすみ,干潮になると海中に入って岩礁に生える海藻類を食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウミイグアナ

ウミトカゲとも。イグアナ科のトカゲで,海にもぐって海藻を食べる,他のトカゲ類には見られない習性をもつ。全長1〜1.5m。背面は灰色で赤褐色の斑紋が不規則に並ぶ。
→関連項目イグアナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウミイグアナ【marine iguana】

イグアナ科のトカゲで,海に潜って海藻を食べるという,他のトカゲ類には見られない習性をもつ(イラスト)。ガラパゴス諸島に分布し,とくにイスパニオラ島にすむ雄は繁殖期の婚姻色が鮮やかになる。全長1~1.5m,最大は1.8mに達する。雄のほうが大きく,頸部のたてがみ状飾りうろこも長い。海岸の岩場に集団で生息し,干潮時に海に潜って岩礁についた海藻を食べる。1回の潜水は20分ほどで,水深3m以内を側扁した尾をくねらせて巧みに泳ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミイグアナ
うみいぐあな
marine iguana
[学]Amblyrhynchus cristatus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目イグアナ科のトカゲ。別名ウミトカゲ。エクアドル領ガラパゴス諸島に分布する。全長約1.5メートル。尾は長くて側扁(そくへん)し遊泳に適している。奇異な容貌(ようぼう)にもかかわらず性質はおとなしく、海岸の岩礁に重なり合うように群生している。トカゲでは、海に入ったり海藻を常食としたりする唯一の種で、引き潮時に海を泳ぎ、岩に付着した海藻を食べるが、そのとき海中に潜って捜すこともある。餌(えさ)とともに体内に入った余分な塩分は、鼻孔に開いた塩腺(えんせん)によって排出される。人が近寄ると、鼻孔にたまった海水と塩腺の分泌液を吹き出して脅かす。尾の丸いガラパゴスリクイグアナConolophus subcristatusは内陸部に生息し、サボテンなどを生食する。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミイグアナの関連キーワードイグアナグリーンイグアナ海イグアナ角蜥蜴イグアナの娘イグアナの夜イグアナくんのおじゃまな毎日焦性グアノ岩ツノトカゲ(角蜥蜴)トカゲ(蜥蜴)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウミイグアナの関連情報