コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミカラマツ(海唐松) ウミカラマツ Antipathes japonica

1件 の用語解説(ウミカラマツ(海唐松)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミカラマツ【ウミカラマツ(海唐松) Antipathes japonica】

花虫綱ウミカラマツ科の腔腸動物(刺胞動物)(イラスト)。ツノサンゴ,クロサンゴ,マヨケサンゴなどの別名がある。ツノサンゴ,クロサンゴの名は硬くて黒い骨軸から由来し,マヨケサンゴは昔ヨーロッパで骨軸からつくった御守が魔よけとして使われたことによる。本州中部以南に広く分布し,水深10m以深の岩礁に着生する。ふつう高さ50cm内外の樹状の群体をつくるが,ときには2~3mの高さになるものもある。1本の幹から斜め上方に向けて一平面上に広がった羽状の枝を多数だして群体をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミカラマツ(海唐松)の関連キーワード花虫類腔腸動物刺胞刺胞動物海唐松海鶏冠珊瑚海サボテン海檜葉柳海鰓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone