コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミサソリ

百科事典マイペディアの解説

ウミサソリ

オオサソリとも。オルドビス紀に現れ,シルル紀からペルム紀に栄えた広翼目の化石節足動物。クモに近い。体長20cm〜1.8m。頭・胸部は小さいが,腹部が長く,12節に分かれる。
→関連項目カンブリア紀

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウミサソリ【eurypterid】

オオサソリともいう。節足動物広翼目Eurypteridaの化石動物で,体は長く,外皮キチン質よりなる。頭胸部(前体)はかなり大きく,上面背甲でおおわれ,各1対の単眼複眼がある。腹側には6対の肢があり,第1肢は口の前にあり鋏肢(きようし)をなす。第2肢が捕獲肢をなすものもあるが,多くのものは第2~6肢が歩脚で,第6肢が最も大きく,遊泳や砂泥を掘るのに適するものが多い。腹部は後ろに細くなる12の体節よりなり,7節の前腹部(中体)と5節の後腹部(後体)にわかれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミサソリ
うみさそり
eurypterid
[学]Eurypterida

節足動物鋏角(きょうかく)亜門に属し、広翼類を構成する化石動物。体は長く、頭胸部と腹部よりなり、体の表面はキチン質で覆われる。頭胸部は大きく、各1対の単眼と複眼があり、下面には6対の肢(あし)をもつ。第1肢は鋏(はさみ)状の鋏肢をなし、2~6肢は歩脚のものが多い。第6肢がもっとも大きく、泳ぐのに適したもの、また土砂を掘るのに適したものなどもある。腹部は12の体節よりなり、腹部の先端はとがって尾剣を形成するもの、サソリの尾に似たもの、遊泳用のひれ状のものなど形状はさまざまである。古生代オルドビス紀よりペルム紀(二畳紀)末まで生息したが、シルル紀にもっとも栄えた。ウミサソリの名があるが、大部分は淡水、汽水中にすんだと思われる。ユーリプテルスEurypterus、プテリゴツスPterygotusなどはよく知られる。日本からはまだ発見されていない。[藤山家徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウミサソリの関連キーワードヤモイティウスウミサソリ類旧赤色砂岩オオサソリ甲冑魚剣尾類腿口類

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android