コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラン・鉛法 ウランなまりほうuranium‐lead method

1件 の用語解説(ウラン・鉛法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウランなまりほう【ウラン・鉛法 uranium‐lead method】

ウランおよびトリウムが放射崩壊して鉛の同位体になる性質を利用して岩石の年代を決定する方法。数千万~数億年以前の年代測定に有効。238U,235U,232ThはRaなどの放射性元素を経てHeを放出しながら,それぞれ206Pb,207Pb,208Pbに崩壊する。崩壊定数はそれぞれλ238=1.55×10-10/年,λ235=9.85×10-10/年,λ232=4.95×10-10/年である。岩石中の238Uと岩石中で238Uから生じた鉛206Pb*の量と岩石の年代tの間には206Pb*238U(eλ238t-1)の関係があるので,206Pb*238Uの量がわかれば年代を計算できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone