コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラン・鉛法 ウランなまりほう uranium‐lead method

1件 の用語解説(ウラン・鉛法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウランなまりほう【ウラン・鉛法 uranium‐lead method】

ウランおよびトリウムが放射崩壊して鉛の同位体になる性質を利用して岩石の年代を決定する方法。数千万~数億年以前の年代測定に有効。238U,235U,232ThはRaなどの放射性元素を経てHeを放出しながら,それぞれ206Pb,207Pb,208Pbに崩壊する。崩壊定数はそれぞれλ238=1.55×10-10/年,λ235=9.85×10-10/年,λ232=4.95×10-10/年である。岩石中の238Uと岩石中で238Uから生じた鉛206Pb*の量と岩石の年代tの間には206Pb*238U(eλ238t-1)の関係があるので,206Pb*238Uの量がわかれば年代を計算できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウラン・鉛法の関連キーワードアクチニウム系列イオニウムウラン系列トリウム系列ナトリウムランプ崩壊系列ウラン鉛法メソトリウムラジオトリウム低ナトリウム血

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone