コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリジル酸 ウリジルさんuridylic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウリジル酸
ウリジルさん
uridylic acid

ウリジン一リン酸 (分子式 C9H13N2O9P ) の総称で,UMPと略す。リボ核酸中の一成分で,波長 260nm ( 2600Å ) 付近の紫外線を吸収する。糖部分につくリン酸基の位置により,2' -,3' -,5' - の種類 (異性体) がある。1つのリン酸基が 2' ,3' 位に環状についているものもある。 5' -ウリジン一リン酸は,生体内でオロチジル酸から生じる最初のヌクレオチドである。ウリジル酸よりもリン酸が1個多いウリジン二リン酸 UDPは,多糖類合成の中間代謝に重要な役割を果している。 UMPは UDP系補酵素の成分である。 (→ウリジン三リン酸 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ウリジル酸

C9H13N2O9P (mw324.18).

 ウリジン一リン酸,ウリジン5-一リン酸ともいう.RNAの構成成分.さらにリン酸エステル化されてウリジン二リン酸,ウリジン三リン酸となり,特有の生理機能を果たす.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリジル酸
うりじるさん

核酸の構成単位であるヌクレオチドの一つ。ウリジン一リン酸(UMPと略記)ともいう。ピリミジン塩基の一種であるウラシル、五炭糖(ペントース)であるD-リボース、リン酸が各1分子ずつ結合している。他のヌクレオチドの場合はリボースのかわりにデオキシリボースを含むデオキシリボヌクレオチドも存在するが、ウラシルはDNA(デオキシリボ核酸)に含まれていない(かわりにチミンが含まれている)ので、デオキシウリジル酸は天然には存在しない。リン酸がリボースの3位か5位に結合することによって、3'-ウリジル酸か5'-ウリジル酸になる。いずれもRNA(リボ核酸)を適当な加水分解酵素で分解すれば得られるが、生体内に単独でも存在する。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウリジル酸の関連キーワードニーレンバーグ塩基対

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android