コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタこくりつこうえんUluru-Kata Tjuta National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルル・カタジュタ国立公園
ウルル・カタジュタこくりつこうえん
Uluru-Kata Tjuta National Park

オーストラリア中央部,ノーザンテリトリーの砂漠地帯にある国立公園。 1958年にエアーズロックオルガ山国立公園として設定された。面積 1325km2。オルガ山 (546m) とウルルが中心。アカシアが生育し,カンガルーワラビー,トカゲなどがみられる。アボリジニの聖地として知られ,1985年以降,ウルル・カタジュタ国立公園と改名された。 1987年世界遺産の自然遺産に,1994年には同文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウルル・カタジュタ国立公園の関連情報