コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンブリア[古代] ウンブリア[こだい]Umbria, ancient

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンブリア[古代]
ウンブリア[こだい]
Umbria, ancient

ローマ市の北東,アドリア海にかけて中部イタリアにあった古代都市国家,地域。名称の由来であるウンブリ人は,エトルリア人以前にこの地方に広がり,前 400年頃までにはインド=ヨーロッパ語系の方言ウンブリア語を話していた。やがて南からサビニ人,北からガリア人,西から非インド=ヨーロッパ語系のエトルリア人の圧迫を受け,厳密な意味でのウンブリアへ縮小した。文化的にはエトルリア人に類似したが,早くからローマ人と同盟し,帝国の第6レギオ (行政区) となった。 300年頃アペニン山脈以西はピケヌムと合して1州となり,残余はエトルリアと合してツスキア・ウンブリア州を形成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android