コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンブリア[州] ウンブリア

百科事典マイペディアの解説

ウンブリア[州]【ウンブリア】

イタリア中部,アペニン山脈中の州。テベレ川が流れる。ローマ征服前はウンブリア人エトルリア人が居住していた。中世からルネサンスまでイタリアの政治・文化の中心となり,絵画ではウンブリア派が興った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウンブリア[州]【Umbria】

イタリア中部の州。ペルージア県テルニ県から成り,面積8456km2,人口82万(1994)。州都はペルージア。完全に内陸部にあり,気候は温暖である。農業が主で,小麦,ブドウ,タバコ,テンサイなどを栽培している。20世紀に入って工業化が目覚ましく,テルニ県では鉄鋼,化学工業,ペルージア県では食品,繊維産業が発達している。古代ローマ人が征服(前295)する以前はかなり高度な文明を誇るエトルリア人とウンブリア人が居住していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android