コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーリー加工 ウーリーかこう

3件 の用語解説(ウーリー加工の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーリー加工
ウーリーかこう

ナイロンやテトロンなどの合成繊維熱可塑性を利用して長繊維 (糸) ウールのようにちぢれさせ,嵩高 (かさだか) にする加工。高嵩糸 (こうすうし) 加工の一種。繊維に嵩高性,伸縮性,保温性,吸湿性などの性態を付加することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウーリー‐かこう【ウーリー加工】

《ウーリーは、woolly》綿糸などに、羊毛に似た感触・弾力などを与える加工法。また、合成繊維フィラメント(長繊維)に、その性質を利用して本来の糸のままでは得られない伸縮性・保温性・ふくらみを与える加工法のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウーリー加工
うーりーかこう

繊維のうち合成繊維系の伸縮かさ高加工をさしていう。合成繊維のもつ熱可塑性を利用し、ナイロンポリエステルなどの各種合成繊維およびアセテートのフィラメントに巻き縮れを与え、織物に膨らみと伸縮性、柔軟性、保温性と文字どおり羊毛に似た柔らかな感触を与えるための加工である。一般によく知られているのはウーリー・ナイロンである。これら合成繊維は、紡糸したままでは、切り口の丸いまっすぐな繊維であるため、これをコイル状、ループ状や不規則な波状などに撚(よ)りをかけ、加熱して固定し、撚りを戻すと縮れた糸が得られる。とくに靴下、セーターなど、伸縮性をもつものに使われる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウーリー加工の関連キーワード宇宙服釣糸ナイロンプロトロンビンペルロンテトロンとろんカネカロン合成繊維紙合成繊維毛皮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウーリー加工の関連情報