コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカチェリーナ(1世) えかちぇりーなЕкатерина Ⅰ АлексеевнаEkaterina Ⅰ Alekseevna

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エカチェリーナ(1世)
えかちぇりーな
Екатерина  Алексеевна Ekaterina Alekseevna
(1684―1727)

ロシアの女帝(在位1725~27)。英語ではキャサリンCatherine。リトアニア農民の娘として生まれた。北方戦争中マリエンブルクでロシア軍に捕らえられ、すぐにピョートル1世(大帝)のよき伴侶(はんりょ)となり、1724年に正式に皇后となった。ピョートルの死後、近衛(このえ)兵に推されて帝位についた。国政をみず、実権はメンシコフ公に帰した。翌年、メンシコフの専横を嫌った他の重臣たちは枢密院をつくり、これにより帝権を制約した。ピョートル1世の遺志を継いでロシア科学アカデミーを創設した(1725)。彼女はその死(1727年5月6日)の直前、遺言で帝位にピョートル1世の孫ピョートル2世を指名した。[伊藤幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エカチェリーナ(1世)の関連キーワードエカテリーナ(1世)エカチェリーナ宮殿ロマノフ朝

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android