エカチェリーナ(英語表記)Ekaterina

デジタル大辞泉の解説

エカチェリーナ(Ekaterina)

ロシアの女帝。
(1世)[1684~1727]在位1725~1727。ピョートル大帝の妃で、皇帝の死後、即位。ロシア科学アカデミーを創設。
(2世)[1729~1796]在位1762~1796。ピョートル3世の妃。クーデターによって即位。啓蒙専制君主として君臨したが、プガチョフの反乱後、貴族の特権を拡大し、農奴制を強化。ポーランド分割クリム‐ハン国の併合で領土を拡げた。また、学芸を奨励、美術品の収集でも有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エカチェリーナの関連情報