コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカチェリーナ エカチェリーナEkaterina

1件 の用語解説(エカチェリーナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エカチェリーナ(Ekaterina)

ロシアの女帝。
(1世)[1684~1727]在位1725~1727。ピョートル大帝の妃で、皇帝の死後、即位。ロシア科学アカデミーを創設。
(2世)[1729~1796]在位1762~1796。ピョートル3世の妃。クーデターによって即位。啓蒙専制君主として君臨したが、プガチョフの反乱後、貴族の特権を拡大し、農奴制を強化。ポーランド分割クリム‐ハン国の併合で領土を拡げた。また、学芸を奨励、美術品の収集でも有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エカチェリーナの関連キーワード貞享稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔元禄時代耳搔き稲葉正休河東節市法貨物仕法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エカチェリーナの関連情報