コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカチェリーナ Ekaterina

デジタル大辞泉の解説

エカチェリーナ(Ekaterina)

ロシアの女帝。
(1世)[1684~1727]在位1725~1727。ピョートル大帝の妃で、皇帝の死後、即位。ロシア科学アカデミーを創設。
(2世)[1729~1796]在位1762~1796。ピョートル3世の妃。クーデターによって即位。啓蒙専制君主として君臨したが、プガチョフの反乱後、貴族の特権を拡大し、農奴制を強化。ポーランド分割、クリム‐ハン国の併合で領土を拡げた。また、学芸を奨励、美術品の収集でも有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エカチェリーナの関連キーワードクチュク・カイナルジ条約アレクサンドル(1世)ドニエプロペトロフスクエカチェリーナ(2世)エルミタージュ美術館オストロフスキー広場エカテリーナ(2世)エカテリーナ(1世)ツァールスコエセロープッシー・ライオットエカチェリンブルグツァリーツィノ公園エルミタージュ幻想ピョートル(3世)エカチェリーナ宮殿スモーリヌイ修道院アレクサンドル宮殿パーベル(1世)カドリオルク宮殿カドリオルク公園

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エカチェリーナの関連情報