エキス剤(読み)エキスざい(英語表記)extract

  • extracts

翻訳|extract

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生薬,薬物,ある場合は食品などを,アルコールエーテルなどに浸して有効成分を融解させ,融解液を低温で蒸発させて濃縮したもの。水飴のような軟エキス剤と,コーヒー粉末のような乾燥エキス剤とがある。合成法開発以前は重要な製薬技術の一つであったが,純品ではないから夾雑物が入ることが多い。カンゾウエキス,ゲンチアナエキス,ロートエキス,ホミカエキスなどは現在も使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生薬(しょうやく)の浸出液を濃縮してつくった製剤。すなわち、草根木皮を用いた植物性生薬または動物性生薬の薬効成分を水やアルコールなど適当な溶剤で浸出し、その浸出液を蒸発させて半固形または固形としたものをいい、半固形のものを軟エキス剤、固形のものを乾燥エキスという。この目的は生薬成分を濃縮して容積を小さくし、比較的均一な調剤や製剤に便利な形として保存することである。欠点としては原料生薬の良否、製造過程での有効成分の分解などが問題になるほか、軟エキス剤では保存中の発酵やカビ、あるいは品質のばらつきなどの欠点がある。
 生薬を冷浸または温浸、あるいはパーコレーション法で浸出した液を濾過(ろか)し、その濾液を85℃以下でなるべく減圧下で濃縮し、水飴(みずあめ)様の粘稠度(ねんちゅうど)としたものが軟エキスであり、さらに濃縮して冷却し、砕きうる程度になったものを50℃以下で乾燥して冷却後、砕いて均一な粉末としたものが乾燥エキスである。日本薬局方には甘草(かんぞう)エキス、甘草粗エキス、ホミカエキス、ロートエキスが収載されており、ホミカエキスとロートエキスには調剤に便利な散剤がある。
 エキス剤によく似た剤形に流エキス剤がある。これは生薬を同様に浸出したものであるが、生薬1グラムを1ミリリットルに含むようにつくられたもので、エキス剤よりも流動性が大である。また、最近、各種生薬をエキス剤として製剤原料としたり、漢方の処方をエキス剤の形としてつくり、さらに顆粒(かりゅう)剤や細粒剤、カプセル剤などとして内服に便利な形として市販されるものが多くなった。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android