コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクスレバン Aix-les-Bains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクスレバン
Aix-les-Bains

フランス南東部,サボア県の町。ジュネーブ南西にあるアルプスの温泉保養地で,ブールジェ湖畔にあり,またルバール山 (1538m) へのケーブルもあって,夏冬を通じて観光・保養地となっている。硫黄泉とアルカリ泉はローマ人が開発したもの。機械,電機工業も発達。人口2万 4826 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エクス‐レ‐バン(Aix-les-Bains)

フランス南東部、ローヌ‐アルプ地方、サボア県の都市。ブルジェ湖東岸に位置する観光保養地。古代ローマ時代より温泉地として知られ、当時の浴場遺跡がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エクスレバンの関連キーワードオートコンブ修道院ブランシュビックミリュコーフ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android