コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクセター エクセター Exeter

翻訳|Exeter

6件 の用語解説(エクセターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクセター
エクセター
Exeter

アメリカ合衆国,ニューハンプシャー州南東部,ロッキンガム郡にある町。ポーツマス港の西南西約 20kmに位置する。 1638年入植開始。初期にはしばしばインディアンとの争いが起った。 19世紀に製造業が発展し,現在は繊維,靴,電子器具などがおもな生産品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エクセター
エクセター
Exeter

イギリスイングランド南西部,デボン県の県都。エクセター地区を構成する。プリマスの北東約 60km,イギリス海峡に注ぐエクス川の河口から約 16km上流の沿岸に位置する。イギリス先住民であるドゥムノニ族の中心地であったが,1世紀半ばにローマ人に占領され,イスカドゥムノニオルム Isca Dumnoniorumと呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エクセター(Exeter)

英国イングランド南西部、デボン州の都市。同州の州都。コーンウォール半島南西部、エクセ川に沿う。古代ローマ時代に駐屯地が置かれ、当時の城壁が残る。エクセター大聖堂ヒストリックキーサイドなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エクセター

英国南西部,コーンウォール半島のデボンシャー州の州都。エクス川河口に位置する港湾都市。中世以来商業中心地であり,毛織物工業とその輸出港として栄えた。12世紀建立の聖堂がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エクセター【Exeter】

イギリス,イングランド南西部のデボンシャーの州都。地名は〈エクス河畔のローマ軍駐屯地〉の意。ラテン名はイスカ・ドゥムノニオルムIsca Dumnoniorum。人口10万5000(1991)。エクス河口に位置し,コーンウォール半島の商業,交通,観光の中心地をなす。周辺農業地帯の交易中心地でもあり,皮革,製紙,農業機械などの工業が発達する。もとはケルトドゥムノニイ族の拠点であったが,ローマ時代に町が建設され,フォス・ウェーと呼ばれるローマ道路もイングランド北部のリンカンまで通じていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エクセター
えくせたー
Exeter

イギリス、イングランド南西部、デボン県の県都。人口11万1078(2001)。コーンウォール半島南西部、エクス川河口から約15キロメートル上流にあり、港がある。戦略、交通上の要衝を占め、歴史上しばしば争乱に巻き込まれ、第二次世界大戦中はアメリカ海軍補給基地になった。流通・サービス業が盛んな商業都市で、ほかに金属、皮革、農機具などの軽工業もあるが規模は小さい。ノルマンの城や大聖堂などの古い建築物も多い。エクセター大学は1955年設立。[井内 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクセターの関連キーワードイギリス東インド会社ブリストルプリマスデボンテムズエクセター大聖堂クリフトン吊り橋ヘースティングズ城Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エクセターの関連情報