エクメネ(読み)えくめね(英語表記)Ökumene ドイツ語

日本大百科全書(ニッポニカ)「エクメネ」の解説

エクメネ
えくめね
Ökumene ドイツ語

地球上における人類の居住地域。アネクメネに対する語。ドイツの地理学者ラッツェルがその著書『人類地理学』(1891)のなかで、エクメネとその限界について論じて以来、広く用いられている。エクメネの限界、すなわちアネクメネとの境界には三つあり、酷寒地域との間が寒冷前線、乾燥地域との間が乾燥前線、湿熱地域との間が湿熱前線とよばれ、高山の場合では高距限界という。人類の居住地域拡大のために、これらの前線の推進が図られている。

[岸本 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エクメネ」の解説

エクメネ
oecumene

人類の居住地域をいい,アネクメネに対する言葉。一般に極地方,砂漠,高山,赤道雨林,海洋など人類が恒常的に居住することができない地域 (アネクメネ) を除いた地域をいう。文明の発達や人口の増加などによりアネクメネが縮小し,エクメネが拡大してきている。エクメネの限界は主として気候によって決定され,食糧の生産限界とほぼ一致する。エクメネ内の人口分布は,低地に多くて高地に少く,熱帯に多く寒帯に少い。また,大陸の沿岸部や半島に多く,内陸部には少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「エクメネ」の解説

エクメネ

地球上で人類が永続的に居住,活動している範囲を意味する地理学上の用語(ドイツ語)。活動も居住もしていない範囲をアネクメネという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android