コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクメネ エクメネ oecumene

5件 の用語解説(エクメネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクメネ
エクメネ
oecumene

人類の居住地域をいい,アネクメネに対する言葉。一般に極地方,砂漠,高山,赤道雨林,海洋など人類が恒常的に居住することができない地域 (アネクメネ) を除いた地域をいう。文明の発達や人口の増加などによりアネクメネが縮小し,エクメネが拡大してきている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エクメネ(〈ドイツ〉Ökumene)

地球上で人類が常住し、活動している地域。現在では、地表の約80パーセントといわれる。エクメーネ。⇔アネクメネ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エクメネ

地球上で人類が永続的に居住,活動している範囲を意味する地理学上の用語(ドイツ語)。活動も居住もしていない範囲をアネクメネという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

エクメネ【Ökumene】

人類の居住地域(空間)。 ↔ アネクメネ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エクメネ
えくめね
kumeneドイツ語

地球上における人類の居住地域。アネクメネに対する語。ドイツ地理学者ラッツェルがその著書『人類地理学』(1891)のなかで、エクメネとその限界について論じて以来、広く用いられている。エクメネの限界、すなわちアネクメネとの境界には三つあり、酷寒地域との間が寒冷前線、乾燥地域との間が乾燥前線、湿熱地域との間が湿熱前線とよばれ、高山の場合では高距限界という。人類の居住地域拡大のために、これらの前線の推進が図られている。[岸本 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクメネの関連キーワード仲介者人類愛人類教人類史物語人類の戦士ドーム/―人類の箱舟《人類の起源》《人類の血族と姻族の諸体系》《人類の戦士》《人類の半数である女性の訴え》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone