エスキモー犬(読み)エスキモーけん(英語表記)Eskimo dog

翻訳|Eskimo dog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスキモー犬
エスキモーけん
Eskimo dog

イヌの一品種北極地方の定住狩猟採集民,エスキモーの大型使役犬。多頭立てにして,そりを引かせるのに用いる。体高は雄 58~68cm,雌 51~61cm。体重は雄 34~48kg,雌 27~41kg。毛深く,体形,性質ともにオオカミに似ている。立ち耳で巻尾。被毛は二重で,厚い下毛は水をはじき,雪のなかでも皮膚が濡れない。このため,エスキモー犬は-60℃から-70℃まで耐えられる。毛色は多様。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エスキモー‐けん【エスキモー犬】

北極地方で、そり犬として用いられる犬。雑種化しており、固定した品種ではない。主に立ち耳で巻き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エスキモーけん【エスキモー犬 Eskimo dog】

原産地がアラスカ,カナダ,グリーンランド(そり)犬。アラスカン・マラムートAlaskan malamute,シベリアン・ハスキーサモエードなどと共通の祖先から発したいわゆる北方系の犬種である。エスキモーに伴われて,西部シベリアからアラスカ,北部カナダ,グリーンランドなどの諸地域へ移動してきたイヌで,特に純粋種として育種された品種ではなく,エスキモーの生活必需伴侶として2000年以上に及ぶ歴史の間,厳しい環境下で適者生存の形で伝えられたイヌである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エスキモーけん【エスキモー犬】

北極周辺の高緯度地方で、そり犬・狩猟犬として用いられている犬の総称。体は密に毛で覆われ、寒さに強い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスキモー犬
えすきもーけん
Eskimo dog

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、カナダ、グリーンランド、アラスカ地方に産するそり犬の一種。ハスキー、サモエド犬などとともにスピッツ族に属する。寒冷に対する適応性が強く、零下60~70℃の酷寒にも耐えうる。体質は強健で粗食に耐え、嗅覚(きゅうかく)も鋭い。そり犬として活躍するばかりでなく、ホッキョクグマやジャコウウシ狩りにも用いられる。タイプは立ち耳、巻き尾で、8~15センチメートルほどの長さの厚い被毛がある。毛色は黒、白、灰、狼(ろう)灰色、グレータンおよびこれらの組合せなどである。そり犬として公認されているものには、ハスキー、アラスカンマラミュート、サモエド犬などがあるが、現在アメリカン・ケネル・クラブでは本種を公認していない。体高50~62.5センチメートル、体重22.5~38.3キログラムである。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

エスキモー‐けん【エスキモー犬】

〘名〙 イヌの一品種。北極圏のエスキモーが飼っている橇(そり)犬で、品種登録はされていない。中形で、体毛が比較的長く、耐寒性が強い。力は強く、橇をひかせるほか、狩猟犬ともされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android