コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾセンニュウ エゾセンニュウ Locustella fasciolata; Gray's grasshopper warbler

2件 の用語解説(エゾセンニュウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾセンニュウ
エゾセンニュウ
Locustella fasciolata; Gray's grasshopper warbler

スズメ目センニュウ科。全長 18cm。頭から背,尾は灰褐色,胸から腹は灰色みを帯びた白色。おもに低木の茂みのある草原に生息し,日中のみならず夜間も「とっぴんかけたか」と聞こえる特徴のあるさえずりをする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾセンニュウ
えぞせんにゅう / 蝦夷潜入
Gray's grasshopper warbler
[学]Locustella fasciolata

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科の鳥。シベリア中部のエニセイ川上流域からウスリー地方まで亜寒帯とそのやや南で繁殖し、冬はフィリピンからニューギニア島まで渡る。日本では南千島と北海道の川沿いの林にすむ。全長約18センチメートルの褐色の鳥で、姿は目だたないが、さえずりホトトギスに似た特徴のあるものである。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエゾセンニュウの言及

【センニュウ(仙入)】より

…どの種も全体に褐色のじみな羽色をしていて,外観はウグイスやヨシキリに似ている。この属はユーラシア大陸に広く分布し,日本ではエゾセンニュウL.fasciolata(イラスト),シマセンニュウL.ochotensis(イラスト),マキノセンニュウL.lanceolata(イラスト),ウチヤマセンニュウL.pleskeiの4種が生息し,シベリアセンニュウL.certhiolaが迷鳥としての記録がある。このうちウチヤマセンニュウは北海道と伊豆諸島や九州の離島で,他の3種は北海道だけで繁殖する。…

※「エゾセンニュウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エゾセンニュウの関連キーワードニュウナイスズメ楓鳥潜入入内雀紅雀蝦夷潜入烏秋大雪加センニュウ(仙入)スズメ目

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone