コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エタナ エタナ Etana

3件 の用語解説(エタナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エタナ
エタナ
Etana

古代バビロニアの伝説上の王。後継者のないことを太陽神シャマシュに訴えると山のワシから出産の草をもらうように助言されたので,ワシのところへ行き,ワシに乗ってアヌの空へ,さらにイシュタルのもとへ向ったが,奇跡の草を得ようとするあまり,高所に上りすぎたため目がくらみ墜落した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エタナ

バビロニアの伝説的な王。蛇の罠(わな)に落ちた鷲(わし)を救い,これに乗って天上に達して薬草を求めるが,目がくらんで墜死する。アダパギルガメシュとともに不死,永生の否定の物語の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エタナ【Etana】

古代バビロニアの伝説上の王。人間界に支配者がいないため,混沌としているのを見かねた女神イシュタルは,エタナの妻に子が生まれて王となるよう,豊穣の薬草を天から取ってくることを許してやってくれと,主神シャマシュに祈る。シャマシュはエタナに,山の鷲に乗せてもらって天へ昇れ,と告げる。山では鷲が蛇と争って敗れ,両翼をもがれて死にしていたので,エタナが看護してなおす。鷲の背に乗って飛びたったエタナは天に到着するが,豊穣の薬草は,女神イシュタルのいるもうひとつ上の天にしかないといわれ,再び鷲に乗って昇るが,あまりの高さに不安に襲われ,鷲の両翼を引っ張ったため,鷲もろとも地上に墜落する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エタナの関連キーワード新バビロニアバビロニア語バビロニア美術バビロンカッシートバビロン第一王朝ハムラビカルデア新バビロニア王国バビロニア暦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エタナの関連情報