コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エダシャク エダシャク Ennominae

2件 の用語解説(エダシャクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エダシャク
エダシャク
Ennominae

鱗翅目シャクガエダシャク亜科に属する昆虫の総称。翅の開張 40mm内外のものが多いが,冬から早春にかけて羽化するいわゆる冬シャクのように雌の翅の退化したものもある。幼虫は体が細長く,腹脚が第6節と尾端の2対しかなく,典型的な尺取虫である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エダシャク
えだしゃく / 枝尺蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目シャクガ科の一部のガの総称。シャクガ科の種類は日本に800種以上分布しているが、これを六つの亜科に分類し、そのうちの一つをエダシャク亜科Ennominaeという。この亜科に属するガは日本だけでも300種近くが知られている。幼虫はすべてシャクトリムシで、腹脚(ふくきゃく)によって樹木の枝にしっかりとつかまり、枝に対して一定の角度で体を一直線の姿勢に保ち、静止していると、その色彩斑紋(はんもん)とともに、枝とほとんど区別ができないほど似ている。昼間このように静止していることによって、捕食性の鳥獣から身を守っている。エダシャク亜科の幼虫がすべて小枝に似ているわけではないが、分類学上この亜科に属するシャクガは、エダシャクという語尾で統一されている。成虫ははねの開張が10ミリメートルから80ミリメートルまで種々あり、おもに夜行性であるが、一部は昼間活動する。幼虫のなかには草を食べるものもあるが、多くは樹木の葉を食べ、森林や庭園樹の害虫が少なくない。
 日本の山野にみられる特徴的な種をあげる。トンボエダシャクCystidia stratoniceは、はねの開張25~31ミリメートルで、昼行性。東京地方では6月、寒冷地では7~8月、平地に出現する。幼虫の食草はツルウメモドキ。ユウマダラエダシャクAbraxas mirandaは、年2回(5~6月と8~10月)平地に出現し、春型のはねの開張20~25ミリメートル、夏型は18~26ミリメートル。幼虫の食草はマサキ。クロスジフユエダシャクPachyerannis obliguariaは、はねの開張15~19ミリメートルで、東京地方では11~12月に出現し、雑木林で昼間活動する。幼虫の食草はコナラ、クヌギ、ミズナラなど。オオシモフリエダシャクBiston betularia parvaは、はねの開張21~36ミリメートルで、本州中部地方の山地や北海道の低地に7月ごろ出現する。幼虫の食草はシラカンバ、ハコヤナギ、コケモモなど範囲が広い。このガのヨーロッパ亜種では、イギリスの産業革命に伴いマンチェスターを中心に急激に工業暗化型が増加して有名となり、自然選択の実例として引用される。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エダシャクの関連キーワード桑枝尺尺蛾枝尺蛾枝尺取クワエダシャク(桑枝尺)シャクガ(尺蛾)トンボエダシャク(蜻蛉枝尺)フユシャク(冬尺)ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺)ヨモギエダシャク(蓬枝尺)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エダシャクの関連情報