エナメル質(読み)エナメルしつ(英語表記)enamel

翻訳|enamel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エナメル質
エナメルしつ
enamel

歯の表面をおおう,無機成分に富む (97%) 組織。歯牙エナメル芽細胞から生成される。人間の組織のなかで最も硬い組織で,内部の象牙質歯髄を保護している。無色であるが,人によって歯の色が異なるのは,エナメル質の厚さに応じて,その下の象牙質の色合いが異なって写るからである。う蝕 (虫歯) は,エナメル質が侵されることから始る。歯の形成期に,この部位の外傷や感染,全身的な栄養障害,フッ化物過剰摂取などがあると,萌出後の歯にエメナル質欠損がみられる。これをエナメル質形成不全という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エナメルしつ【エナメル質】

歯冠の表面をおおう乳白色の硬い層。咀嚼そしやく面で厚く、歯肉の部分に近づくにつれて薄くなる。琺瑯ほうろう質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エナメル質
えなめるしつ

歯冠(歯ぐきから出ている部分)の表面を覆い、象牙質(ぞうげしつ)を保護している組織で、ほうろう質ともよばれる。生体中でもっとも硬い組織で、鉱物の硬度基準となるモースの硬度では6~7度になる。その組成は、水分2%、無機質96%、有機質2%であり、大部分が無機質、とくにハイドロキシアパタイトからなっている。エナメル質は上皮性の組織であるが、神経組織がないため、ここだけむし歯にかかっても痛みを感じることはない。エナメル質が形成されるのは、口腔(こうこう)内に歯が萌出(ほうしゅつ)する以前である。[村井正昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

エナメル‐しつ【エナメル質】

〘名〙 歯冠の表面部を構成する乳白色の硬い組織。石灰質で、摩滅すると再生しない。ほうろう質。エナメル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のエナメル質の言及

【歯】より

… 第2はその他すべての脊椎動物,つまり顎骨(がくこつ)を備えた顎口類にみられるリン酸カルシウム質の歯で,真の歯ともいうべきものである。これは中心部にある歯髄,主体をなす象牙質,歯冠表面のエナメル質,および哺乳類の歯根表面にあるセメント質という4種の組織からなる特異な器官で,発生学的には歯髄,象牙質,セメント質は真皮を母体とし,エナメル質は口腔上皮を母体として形成される。エナメル質は鉱物質の結晶のかたまりで,生体中で最も硬度の高い組織であるが,他の3組織は生活組織である。…

※「エナメル質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エナメル質の関連情報