コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エニウェトク環礁 エニウェトクかんしょうEnewetak Atoll

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エニウェトク環礁
エニウェトクかんしょう
Enewetak Atoll

西太平洋,マーシャル諸島北西部にある環礁。別綴 Eniwetok。円形で外周は 80km,直径 37kmの礁湖とそれを囲む 40の小島からなる。1944年アメリカ海軍基地。1948,1951,1952,1954,1956年にビキニ環礁とともに核実験場になり(→水素爆弾),住民は退去させられた。アメリカ合衆国が汚染された表土を入れ換え,1980年に安全を宣言し住民の帰還を認めたが,その後植えられた作物が残存放射能にひどく汚染されていたことがわかり,再び退去せざるをえなかった。1986年マーシャル諸島領。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エニウェトク‐かんしょう〔‐クワンセウ〕【エニウェトク環礁】

Eniwetok》太平洋中西部、マーシャル諸島北西部の環礁ラリック諸島北部に位置する。1948年から1962年にかけて、ビキニ環礁とともに米国の核実験場とされた。1952年には世界初の水爆実験が行われ、北端のエルゲラブ島が消滅。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エニウェトク環礁【エニウェトクかんしょう】

西太平洋,マーシャル諸島共和国北西端の環礁。約40の小島が環礁を構成し良港をなす。1944年米軍が占領,以来海軍基地。1948年以降,原・水爆の実験場となり,住民はウジェラン環礁に強制移住させられた。
→関連項目非核独立太平洋会議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エニウェトクかんしょう【エニウェトク環礁 Eniwetok Atoll】

太平洋中西部,マーシャル諸島北西部の環礁。太平洋戦争前は日本の委任統治領で,戦後,アメリカの国連信託統治領となった。アメリカは1946年にすぐ隣のビキニ環礁で原爆実験を始めたのについで,48年からこの環礁でも原爆実験を行い,54年には初の水爆実験を行った。原水爆の実験場になったのに伴い,住民はウジェラン環礁へ強制移住させられた。【石森 秀三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エニウェトクかんしょう【エニウェトク環礁】

マーシャル諸島共和国北西部のエニウェトク島にある環礁。1947年以来、アメリカ合衆国の原水爆の実験場になった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エニウェトク環礁
えにうぇとくかんしょう
Eniwetok Atoll

太平洋中西部、マーシャル共和国に属する環礁。エニウェトク島ともいい、旧名ブラウンBrown島。周囲37キロメートルのラグーン(礁湖)を囲んで標高2~4メートルの約40の小島からなる。第二次世界大戦前は日本の委任統治領であったが、1944年アメリカ軍に占領された。1947年からアメリカの信託統治領となり、86年独立。1948年以後、その東方のビキニ環礁とともにアメリカの核爆発実験場となり、そのために全住民はその南にあるウジェランUjelang島に移住させられていたが、1980年に帰島した。人口853(1999)。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エニウェトク環礁の関連キーワードマーシャル諸島の核実験フェルミウム軍事技術核兵器

エニウェトク環礁の関連情報